肝機能障害を助ける栄養素摂取|アミノ酸のチカラ

サプリを持つ

沈黙の臓器

仲良し夫婦

知らぬ間に負担をかけてる

沈黙の臓器と言われる肝臓は、病気の発見も遅れがちな臓器です。そのため定期的な健康診断を受け、肝機能障害に対する数値をウォッチしていく必要があります。現代社会においては普段の生活の無理や生活習慣の乱れやストレスによって肝臓に知らぬ間に負担をかけています。肝機能障害になると生活の質を落とすことになります。そのため肝機能の低下をしないような予防対策が必要になってきます。肝機能検査は肝臓の細胞に存在するたんぱく質の流出状況を検査します。アルコールや炎症によって肝細胞が壊されると正常な肝細胞が減少し、急性肝炎や慢性肝炎、肝硬変などの肝臓の病気に発展します。一度肝機能障害に陥ると正常な状態に回復するのが難しくなります。

最終的には肝臓がんになる

肝機能障害には脂肪肝もあります。脂肪肝は肝臓に中性脂肪が肝臓にたまって起こります。肥満である場合、脂肪肝になる可能性は極めて高くなりますが、アルコールなど定期的に摂取すりている場合にも脂肪肝になる可能性があります。肝炎や脂肪肝を放置すると肝硬変へと変化していきます。この肝硬変になるまで自覚症状がほほとんどなく、肝硬変が発見された時にはすでに症状はかなり進行していることになります。肝硬変の先は肝臓がんが待ち構えています。肝機能障害の自覚症状は黄たんや腹水です。定期的な健康診断を受けずに肝臓の機能が低下することを放置すると苦しい闘病生活を戦うことになります。定期健康診断の重要性は特にこの肝臓に重要なのです。