肝機能障害を助ける栄養素摂取|アミノ酸のチカラ

サプリを持つ

肝臓を労わるためには

喜ぶ女性

肝臓は縁の下の力持ち

お酒は、飲む人の心をオープンにして、人と人との付き合いを円滑にしてくれる飲み物です。ですから、お酒を飲むなら楽しく飲みたいものです。しかし、お酒に含まれているアルコールは、身体にとっては負担となる物質なのです。そして、このアルコールを無毒化しているのが、肝臓と呼ばれる臓器です。肝臓は、お酒を飲み始めたその瞬間から働き始め、私たちが中毒にならないように黙々と頑張っているのです。要するに、肝臓は縁の下の力持ち的な臓器と言うことができます。そんな肝臓も、度を過ぎた飲酒によりダメージを受けてしまうことがあります。そのような状態が続くと、肝機能障害を引き起こし肝硬変という重篤な状態に陥るケースがありますから注意が必要です。現在では、肝機能障害を予防する目的で数々のサプリメントが販売されていますが、これからも肝機能障害を予防する効果が期待できるサプリメントが開発され、販売実績を伸ばしていくはずです。

必ず休肝日を設けましょう

肝臓を労わるために、必ず休肝日を設けましょう。即ち、週に少なくても2日間は、お酒を飲まない日を設ける必要があると言われています。肝機能障害とは、アルコール等の影響で肝臓の細胞が死滅するために起こります。そして、肝硬変にまでなってしまうと、肝臓は元の状態には戻らなくなってしまうのです。ですから、お酒の量をほどほどにするのと同時に、定期的な肝機能の検査が必要になってきます。肝機能の状態を見る検査は、血液検査で行うことができます。具体的には、血液中のGОTやGPT、そして?GTPの値を調べるのです。これらの検査は、定期健康診断や人間ドックの検査項目に含まれていますから、少なくても年に一度は検査を受けるようにしましょう。