肝機能障害を助ける栄養素摂取|アミノ酸のチカラ

容器とサプリ

肝臓を労わるためには

喜ぶ女性

楽しく飲んだアルコールを無害な物へと変換するのが肝臓の役割ですが、許容範囲を超えると、肝機能障害を起こす可能性があります。肝機能障害を起こさないため、休肝日を設定して、肝機能をサポートするサプリメントを服用しましょう。また、肝機能検査を定期的に受けるのも大切です。

read_more

肝臓を守るための健康食品

ジョギング

肝機能障害にはウイルス性のものと生活習慣の乱れが原因となっているものとがあります。そして後者は、肝臓の代わりに働く健康食品によって肝臓を休息させれば、防止できます。たとえばオルニチンのサプリメントですが、これは肝臓の代わりに解毒をおこなうのです。飲むだけで効果を得ることができるため、人気があります。

read_more

アミノ酸を補給する

ドラッグ

機能を賦活化するアミノ酸

肝機能障害になってしまったと始めに気づくのは、血液検査であることがほとんどです。血液検査で肝臓の細胞が壊れていってしまっているということがわかります。そのときには肝機能障害の原因を探っていくことになります。アルコール性肝機能障害のように、過剰の毒素を処理しきれなくなって肝臓の細胞が壊れていってしまっているというのはよくあることです。そういうときには肝臓の機能を強化するということが大切になっています。そして、代謝機能を賦活化することが必要になります。そのために役立つアミノ酸がアルギニン、オルニチン、シトルリンです。これらはアンモニアの代謝において中心的な役割を果たしているものであり、肝臓の機能を高めるのに有効なものとなっています。

肝臓の機能の向上

肝臓はもともと身体にとって毒物となる物質の代謝や解毒を担っている臓器です。そのため、必然として毒物が蓄積してダメージを受けてしまいやすいという特徴があります。なので、肝機能障害が起こってしまいやすいという事実があります。しかし、肝機能が十分にあればその毒素に負けることはありません。普段から賦活化してあげることで肝臓の機能を向上させておくと肝臓が壊れていくという事態の予防が可能です。アルギニン、オルニチン、シトルリンは相互に変換されて肝臓でアンモニアと呼ばれる身体にとっての毒物を代謝しています。これが高度に血液中に蓄積してしまうと諸臓器の障害を起こしてしまいやすくなることが知られているため、十分にアミノ酸を補給して予防するということが大切になるのです。

沈黙の臓器

仲良し夫婦

肝臓は沈黙の臓器です。肝機能障害はかなり症状が進行しないとあらわれません。そのため、症状に気づいた時にはすでに肝臓の異変は進行していることになります。それを防止するには定期的な健康診断を受診し数値を確認することです。

read_more